わが子をJリーガーにするための8つの極意

城彰二・今まで誰も語らなかった“一番大切な止める・蹴る・走るスキル”を公開します…。

あなたにだけ、ワールドカップやスペインリーグ、Jリーグ等、

世界のサッカーを第一線で経験した城彰二のサッカー脳や、練習法、

プロの企業秘密を本気で大公開いたします。


video019.jpg
私がステップバイステップでストライカーの悩みを解決する為の方法を紹介します。

もし、あなたが本気でサッカーを上達したいと思うのなら、

私がプロとして12年間、日本代表、Jリーグ、スペインリーグと

様々な舞台でトップを走り続けた、サッカー上達の秘密を特別に

お教えします。


さらに、たくさんの子供たちを、次々と「あっ」という間に

強烈なシュートを放てるように導いてしまった城彰二が、

非常識なテクニックをあなたに公開。

【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。


タグ:城彰二

本物のトレーニングメニューをお探しでしたら・・・

□ 何が正しいトレーニング方法か解らない。
  
□ 監督やコーチが作ったプログラムの練習しかしていない。
  
□ 練習量は多くないといけないと思い、むやみやたらと練習している。
                   
□ 筋トレはやっているが、正しい筋トレとは何か、知らずにしている。
             

球速をアップさせたい、

効果があるトレーニング方法を

知りたいというあなたへ…


今回お話するのは、【足達貴行】氏という、

一人のプロスポーツトレーナーについてです。

彼は鍼灸・接骨院『RE鍼灸接骨院』の院長であり、

スポーツ・コンディショニング・トレーナーでもあります。


彼の元には、メジャーリーガー、プロサッカー選手、プロゴルファーのほか、

様々なトレーナーすらも指導を求めて仰いで来るほどの、

スポーツトレーナー界のカリスマなのです。


現在では、かの高校野球の強豪『拓大巧稜高校』野球部員や、

サッカーの名門『市立船橋高校』サッカー部員の

治療、トレーニングを行っており、練習のプログラム構成や体のケアを指導し、

【弱小チームを優勝するチームへ】と変貌させているのです。



そんな彼だからこそ、お伝え出来ることがあります・・・・!!

■ コントロールを良くするための誰もが驚くトレーニング方法とは?

■ 針の穴を通すようなボールを投げるには?

■ 自分の持っている力を最大限ボールに伝える方法とは?

■ 再現性を高める方法とは?

■ 自分の体の限界値を更に伸ばすには?



ありきたりで、誰もが解ってるような事ではありません。

是非、是非一度ご確認して頂きたい。彼は本物です。



一気に上達する人と、 まったく伸びない人の違いとは、
「知っているか」・「知らないか」の違いだけなのです。

センスだとか、体力とか、環境とか関係ありません。
ましてや誰よりも速い球が投げられるよりも、大事な事です。

いくら練習しても、いくら野球に情熱があっても、
ピッチングの核を知らなければ・・・

全く無駄なトレーニングになってしまっています。


もし、あなたが、自分の描いている理想のチーム、
子供の将来を少しでも、確実に実りのある物にしたいと考えているなら、
是非、この最後の機会にチャレンジしてみてください。



| 日記

元Jリーガー阿部敏之氏インタビュー(その2)

きょうは、阿部氏の過去について聞いていきたいと思います。


サッカーを始められたのは?


小学校3年からです。うちの兄がやってたのでやり始めました。

まぁ、浦和出身ですし休み時間にサッカーしてたんで自然な流れですかね。


どれくらい練習してたんですか?


小学校は毎日。

団地のグランドがあって、毎日ボールを一人で蹴ってましたね。

一人で出来ることなんて限られてますから、その中でいかに正確にボール蹴れるかとかね。

中学のときは、部活終わったら、家帰って着替えて、またボールを持って土手の芝にあるグラウンドみたいなところで仲間ともう一度集ってボールを蹴ってました(笑)


お遊びの感覚で集まってゲームするって言うかんじだったんですけど、今思うとそういうのも大事だったのかもしれません。

だから自分達の学年は強かったのかもと思います。



今までやめたくなったことはありますか?


サッカーやめたいなとか思ったりとか何回もありますね。

僕らの頃は練習が厳しかったりとか、水が飲めなくて苦しいとか。

そういう時代だったので。


でも、それを思うのって一瞬なんですよね。

たとえば、自分がまわりに付いていけないときがあったとして、

その時に辞めたいと思っても、それよりも悔しい、

皆に負けたくないって気持ちがどこかにあったので、

結局それは一瞬で終わりましたけどね。

人はどこかで必ず挫折する。

死ぬまで挫折したことがないのは挑戦をしていないからだろう。

大事なのは挫折したときにどう強い気持ちを持ち続けるかなのかもしれない。



次回は、引退のきっかけなどを聞いていきます。


タグ:阿部敏之

元Jリーガー阿部敏之氏インタビュー

先日からお話している阿部敏之氏にインタビューしましたので

今日から紹介していきますのでお楽しみください。


元Jリーガーで魔法の左足を持つ天才と言われた男がいた。

浦和レッズ、鹿島アントラーズなどの名門クラブを渡り歩き、

日本代表候補にも選ばれた男・阿部敏之


現役時代はその精度の高いピンポイントパスでファンを魅了していた

阿部氏が自身の技術をひとつの教材にまとめ、

このたびピンポイントキックプログラムという

タイトルの情報教材として秘密を公開した。

天才と呼ばれた男の技術がつぎ込まれたその教材はどんなものなのか?

阿部氏にインタビューさせてもらった。



【質問1】
このピンポイント・キック!プログラムを作ろうと思ったきっかけを教えてください。


今はサッカー界の最前線からは離れちゃったんですけど、

違う形でやってきたことを伝えたいなと思ったからです。


僕が直接行って指導することが出来ればいいんですが、

それをするには限界があります。

それならば、たくさんの人に伝えられるようにと、このピンポイントキックプログラムを作成したんです。



【質問2】
このピンポイント・キック!プログラムはプロのときにしていたことなのでしょうか?


そうですね。

でも、基本は中学高校のときに考えてやり始めたものなんです。

それから今までの経験をプラスしたり改良を加えて、今の形になりました。

考え方というのはほとんど変わっていませんね。


これを見て練習することで阿部氏のような精度の高いキックをすることが出来る。

それが今回阿部氏が発売したピンポイント・キック!プログラムなのだという。




それでは、天才と呼ばれた男・阿部敏之氏はどういう風にサッカーを学んできたのだろうか?


次回は阿部氏の過去について聞いていきたいと思います。

タグ:阿部敏之

あの城彰二さんもあ然

「サッカーが上手くなりたい」

「思い通りのパスやキックの技術を身に付けたい」

「指導者としてもっとスキルアップしたい」

このような多くの問題を解決させるために

阿部さんの「より多くの人に観てもらいたい」という

気持ちの結晶です。

【サッカー】ピンポイント・キック!プログラム



僕の友達で、日本代表にも選ばれていた元Jリーガーの阿部さんと

サッカーを一緒にやったんですけど・・


最初は全然面白くなくて、パスは通らないし、つまんないなって

思ってたんだけど、ちょっと教えてもらったら・・


思いどおりのところにボールを蹴れるようになって、

決定的なパスもバンバン通るようになっちゃって、

サッカーが面白くて仕方ないんです!


いろいろ教えてもらったら、サッカーが上手くなるのって、

ちょっとしたコツだったんですね!


効率的にサッカーが上手くなれる方法なんて聞いたことなかったから、

衝撃的でした。


しかも、Jリーグの裏話とかも教えてくれて、

サッカー観がガラッと変わっちゃいました。


僕も衝撃を受けたその指導に興味があるなら、ここを見てみては?
⇒ http://zooyee.xsrv.jp/peace/lifis.html






タグ:サッカー

【サッカー】『ピンポイント・キック!プログラム』

自分の子供をJリーガーにさせたい、もっと上手くさせたい、

こう考えているのは、私も同じでした。


他の子に差をつけたい、ライバルに勝たせてあげたい、

でも、どうしたらいいのか分からない というあなたにピッタリの

方法があるとしたら・・

驚くべきキックの精度を誇り、魔法の左足と呼ばれた

元日本代表Jリーガーから直接指導してもらうことができるチャンスです。


もし興味があるなら、ピンポイント・キック!プログラム を確認してください。



その元Jリーガーとは・・

あの「中田英寿」さんが設立した TAKE ACTION foundation の
サッカーチームにも登録選手として参加しており、

帝京高校の司令塔として、全国高校サッカー選手権で優勝し、

あの鹿島アントラーズの黄金時代に中心選手として活躍、

浦和レッズがJ2に降格した際には、J1昇格請負人として、

浦和レッズのJ1昇格の立役者となった、


元日本代表候補の 『阿部敏之』さんです。



ご存じですか?!


阿部さんは、現在ラジオなどで解説などを行い、

コーチなども経験していますが、日本のサッカーレベルの底上げや、

ジュニア世代のレベルアップを通じて、日本のサッカー界をもっと

盛り上げようと日々活躍されています。



そんな阿部さんが作った『ピンポイント・キック!プログラム』は、

阿部さんが現役時代に得意としていた針の穴を通すようなキックの精度を

身に付けるためのノウハウがギッシリと詰まっています。


目を疑いたくなるほどのパスの精度、そしてミッドフィルダーに必要な

能力を磨くためのアドバイス。


これまで、阿部さんの長いサッカー人生で苦労して積み上げてきた技術の

全てを一般公開してしまいます!


もちろん、指導者や親御さんが見ても本当に分かりやすく解説しています。

テクニックの指導をするための教材としても非常に優れています。



商品は、全編DVDの2枚組みで、

全て阿部敏之さん自らのナレーションで

解説をしています。



しかも!


本やテレビ、雑誌では決して聞けない裏話や秘話を収録した

「特典映像」もびっしり詰め込んであります。



これだけでも、恐ろしいほどの価値があると思いませんか?



・・実は、阿部さんに言われたんです。

「このインタビュー、全部載せちゃうんですか?やばいっすよ・・」と。


しかし、私がなんとか説得して、今回全て隠すことなく公開することが

可能になりました。


ピンポイント・キック!プログラムのセールスレターをぜひ見てみてください。


びっくりしますよ!!


推薦映像として、阿部さんの友人である

あなたもご存じの『城彰二さん』が出演してくださっています。


あの城彰二さんもあ然とした、

キックの精度が驚くほど上がる秘密とは?

ピンポイント・キック!プログラム


「サッカーが上手くなりたい」

「思い通りのパスやキックの技術を身に付けたい」

「指導者としてもっとスキルアップしたい」


このような方には、ぜひ見てほしいです。







タグ:サッカー

子供をJリーガーにするために両親ができること

子供をJリーガーにするために、両親としてできることとは

何なのでしょうか?


何か協力してあげたい、

何かしなくちゃならないと思っているけど、

実際は何をしたらいいのか分からない。


そのお気持ちはよく分かります。

多くの子供たちに触れてきた分、

御両親の抱くもどかしさにも共感できます。

 
子供の夢を叶えるためには、

サッカースクールや学校のクラブだけではサポートしきれない

親御さんだからこそできることがあります。


いや、これらは出来ることではなく、

やっていただきたい事なんです。

何も難しいことではありません。


わが子をプロ選手にするための8つの極意

タグ:サッカー

MFやFWにはバランス感覚もっとも大事

MFやFW等の特にテクニックを要する選手はバランス感覚が

特に大事です。


例えば、ジーコ、マラドーナ、ベッカム、オーウェン。

彼らは物心がつくかつかない頃からボールを蹴っていたといいます。



三都主、中村俊輔、稲本潤一、玉田圭司、佐藤寿人、箕輪義信……。

彼らもまた4、5歳からサッカーを始めています。



特に中村俊輔選手の幼稚園時代はかなり有名でしょう。

週三日一時間半という園児にとってはかなりの練習を経て、

チームは初出場初優勝。2連覇までを果たしたとか。



これらのことから分かるようにサッカーで大成を収めた選手の多くは、

既に幼児期からサッカー教育を受けているのです。



もちろん、ただ幼い頃からサッカーをやらせとけばそれだけで万事OK

というわけでもありません。


正しい指導でやっていかない限り、むしろ逆効果となる可能性だって

あります。



つまり幼児期は「伸びやすい分、傷つきやすい」のです。

変なクセがついてしまったら、後々それが響きます。

併せて、精神的にもまだまだ弱い年頃です。

何もしなければサッカーが上手くならないのは当然のことですが、

かといって親がむきになりすぎても子供を潰しかねません。


いいですか。

頑張りすぎてもダメなんです。


 【元Jリーガー服部浩紀直伝】わが子をプロ選手にするための8つの極意



サッカーセンスは幼児期の練習が基

【元Jリーガー服部浩紀直伝】わが子をプロ選手にするための8つの極意

私が運営するキッズスクールでは

ボールを蹴ることすらおぼつかない3歳からサッカーを教えています。

この程度の年齢には、まずはサッカーの楽しみを教えてあげること

を前提に基礎練習を行い、

それとはまた別に、セリエAのトッププロが使うような

ファンタスティックなプレイもよく教えます。


「先生それは難しすぎて試合じゃつかえないんじゃないですか?」

「それはウチの息子にはまだ早すぎます!」


時には親御さんに非常識な目で見られることもありますが、

それでもやらせます。

小さいうちから高度なイメージのプレーを知る事により、

プレーのスケールが大きくなり選択肢が広がるからです。


そして小さいうちからこういった事をしていると、

難易度の高いプレーも自然と身につくのです。

また、靴を脱がせグランドや体育館内でハダシでのサッカーを

やらせることもあります。

これも親からみれば「大丈夫かしら?」とハラハラ見られているよう

ですが、幼児期にとっては非常に重要なかつ有効な練習方法です。

つまり、ハダシで蹴ると小さいうちに「靴」で蹴る感覚から「足」

で蹴る感覚が身につき、ちゃんとしたボールの蹴り方を覚えます。

さらにタッチをより敏感に感じとることもでき、ボール扱いが格段に

上達していきます。

更には知らず知らずのうちにアスリートに必要な土踏まずが形成

されていくのです。



幼児期にはバランス感覚が飛躍的に伸びます。

神経系における成長も著しく、

運動機能が発達していくにあたってもっとも重要な時期となります。


【元Jリーガー服部浩紀直伝】わが子をプロ選手にするための8つの極意


【元Jリーガー服部浩紀直伝】わが子をプロ選手にするための8つの極意

元Jリーガー服部浩紀直伝】わが子をプロ選手にするための8つの極意


「ウチの子供は小さいから、準備はまだ先でいいんです!!」

中にはそういわれる御両親もおられるでしょうから、
ここで言い切ってしまいましょう。

お子さんが中学生となる頃には、既に評判となっているぐらいでなければ、
子供がJリーガーとなるには、かなり苦労されるかもしれません。

プロサッカー選手の殆どは、中学生になる頃には既に頭角を現しはじめています。
DFやGKなどはサッカーを始めたのは遅め、だという傾向もありますけど、
約半数は8歳以前からサッカーを始めているのです。



だから
子供をサッカー選手とするには幼少期こそが大事!!
なのです。



少年サッカーには「ゴールデンエイジ」と呼ばれる年齢があります。
9歳〜12歳ぐらいの年頃を指していう言葉ですね。
これはもっとも神経系統が発達する年頃で、
サッカー技術を磨いていくにあたってもっとも重要な時期とされています。

しかし、実際のところ、
この年代からサッカーを始めてプロになれた選手は意外と少ない。
さっきも言ったとおりもっと以前からサッカーを始めている選手が多いんです。


それでは、何歳から始めたらいいのでしょうか?
ズバリいうと幼児期からサッカーを始めるべきなのです。


元Jリーガー服部浩紀直伝】わが子をプロ選手にするための8つの極意


| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。